PRP・ACRS療法

こんなお悩みにおすすめです

こんなお悩みにおすすめです

  • くぼみやたるみが気になる
  • ほうれい線を無くしたい
  • ニキビ跡を改善したい
  • 毛穴を引き締めたい
  • エイジングケアがしたい
  • シワを改善したい

PRP(皮膚再生)療法とは

PRP(皮膚再生)療法とは

採血したご自身の血液の中の血小板や白血球を取り出して気になる部位に直接注入する治療法です。血液に含まれる血小板にはコラーゲンの再生を促す成長因子が含まれているため、お肌のお悩みを改善する効果があります。また、患者さまご自身の血液を使用するため、副作用などのリスクの心配が無い安全性の高い施術です。

PRPとは

PRPは、血液の中にある血小板を多く含んでいる血漿のことです。血小板には止血や細胞を治す働きや。加齢と共に減少していく成長因子を作り出す働きがあり、傷などの組織の修復を促進することができます。PRPを注入することで、自己再生力が高まり、老化したお肌の気になる部位も本来の綺麗なお肌に導くことができます。

PRP療法はこんな効果が期待できます

毛穴の引き締めやシワやたるみの改善、ニキビ跡や薄毛の改善などにも効果があります。加齢により減少した成長因子を作り出し、さまざまなお肌のお悩みを改善することができます。副作用が無く安全性も高いため、整形外科、形成外科、歯科など幅広い分野で使用されていて、近年、注目が集まって来ている治療法です。

PRP注入の適応部位

PRP注入の適応部位・おでこのシワ
・目尻のシワ
・ほうれい線
・ニキビ跡
・首のシワ
・目の下のたるみ
・頬のへこみ
など、さまざまな部位に効果的です。

ACRS療法(スーパーPRP)は次世代のPRP 療法

ACR療法は、患者さまご自身の血液にある抗炎症性サイトカインと成長因子を取り出し、お悩みの部位に注入していく施術になります。抽出された血液に、サイトカインは5倍程度、成長因子は5〜15倍も高濃度に調整して投与するため、高い効果が期待できます。ご自身の血液由来のものなので副作用の心配の無い安全性の高い施術です。

ACRSとPRPの違い

PRP療法が血小板の細胞を直接注入し、成長因子やサイトカインを活性化する再生医療に対し、ACRS療法は、患者さまの血液のサイトカインや成長因子を
放出させた後、治療の妨げになる細胞を除いた血清のみを注入する方法のため、さらに安全性の高い施術になります。

ACRS療法のダウンタイムや副作用

ダウンタイム

目立った症状はありませんが、稀に内出血や赤み、小さな針跡が残ることがあります。このような症状も2~3日で落ち着くと言われています。

 副作用

稀に赤みや内出血などの症状が出ますが、すぐに落ち着きます。

PRP・ACRS療法詳細

施術時間 30分程度です
痛み(施術中) 表皮麻酔をするため、特にありません
痛み(施術後) 特にありません
メイク 出血などがなければ、当日から可能です
洗顔 当日から可能です
入浴・シャワー 入浴は翌日から、シャワーは当日から可能です
ダウンタイム 腫れや赤みが出ることがありますが、数日で落ち着きます
その他 特にありません

費用

準備中です。

よくある質問

痛みはありますか?

表皮麻酔と極細針の注射を使用するため、特に痛みはございません。

効果はどの程度の期間持続されますか?

個人差がありますが、1回の治療で6~ 12ヶ月効果が続くと言われています。

サイトカインとは何ですか?

サイトカインとは主にタンパク質でできていて、細胞から分泌される物質です。免疫細胞を活性化させたり、免疫のバランスを保つために必要な役割を持っています。

PRP・ACRSは安全ですか?

ご自身の血液成分を使用しますので、アレルギー反応が起きることがありません。また、美容皮膚科だけでなく、さまざまな医療機関の分野で使用されている安全な治療です。